top of page

​分類と生息環境について

清潔 ハウス 天然ツバメ アナツバメ
PA170584.JPG

形態学的特徴と反響定位機能による分類

食用の巣(edible bird’s nest)を作るアナツバメ(Collocalia spp.)は、その形態学的特徴、巣の構造、摂餌行動、および反響定位機能(エコーロケーション)に基づいて分類されます。

アナツバメの分類の歴史

19世紀の英国の鳥類学者ジョージ・ロバート・グレイ(George Robert Gray, 1808-1872)は、アナツバメを「コロカリア(Collocalia)」という単一の属に分類しました。この名称は、古典ギリシャ語で「接着剤」を意味する「kolla」と「巣」を意味する「kalia」から派生しており、アナツバメが唾液を用いて巣を構築する特性に由来すると考えられています。

分類の再評価と議論

アナツバメの反響定位機能が発見される100年以上前まで、すべてのアナツバメはコロカリア属に分類されていました。しかし、後の研究により、反響定位機能の有無に基づいて、アナツバメを以下の3つの異なる属に分けることが提唱されました:

  1. コロカリア属(Collocalia): 小型で反響定位を行わないアナツバメ。

  2. ハイドロキャス属(Hydrochous gigas): 大型で反響定位を行わないオニアナツバメ。

  3. エアロドラムス属(Aerodramus): 小型で反響定位を行うアナツバメ。

 

これらの分類は、その後の研究者たちによってさまざまな視点から再評価されました。一部の研究者は、これらの属を1つのコロカリア属に統合することを提案し、他の研究者は、アナツバメ族(Collocaliini)をさらに細分化することを主張しました。

 

しかし、これらの分類方法には未だに決定的な合意がなく、信頼性の高いデータが不足しているため、アナツバメの分類には依然として混乱が生じています。現在の見解では、エアロドラムス属およびコロカリア属のいくつかの種が食用の巣を生成することが一般的に受け入れられています。

アナツバメの生息環境と営巣(バーズハウス)の評価

洞窟内の巣の衛生的課題

アナツバメ(Aerodramus spp.)は主に食虫性であり、自然環境では高い崖やジャングル内の洞窟の壁面に巣を作ります。この自然な営巣環境には、いくつかの衛生的な課題が存在します。洞窟内はしばしば高湿度と暗闇の条件が揃っており、これが微生物や雑菌の繁殖に理想的な環境を提供します。

 

特に、巣の表面や周囲の壁には鳥の排泄物が蓄積しやすく、これが巣の衛生状態を悪化させます(Smith & Johnson, 2021)。さらに、洞窟内には他の動物の活動も見られ、これがさらなる感染源となる可能性があります(Chen et al., 2020)。このような環境で採取された巣は、食用としての安全性に疑問を投げかけます。

営巣(バーズハウス)の役割と重要性

現代において、アナツバメの巣を安全かつ効率的に、そして衛生的に採取するために、「Bird’s House(バーズハウス)」と呼ばれる専用の営巣用ハウスが広く採用されています。

 

これらの施設はコンクリート製で、ビルの2階から5階程度の高さがあり、内部には多数の小さな窓が設けられていて、アナツバメが自由に出入りできるようになっています(Tan & Lee, 2019)。ハウス内の環境は、アナツバメの生理的特性と行動に最適化されており、巣の衛生状態も厳格に管理されています(Wong et al., 2018)。

環境保護と生態系の維持

Bird’s Houseのもう一つの重要な役割は、アナツバメの生態系保護です。インドネシアでは、度重なる森林火災がアナツバメの自然な生息地を脅かしています(Yusuf & Fauzi, 2020)。

 

これに対し、Bird’s Houseは安全な営巣場所を提供し、森林火災や外敵(猛禽類や蛇など)からアナツバメを保護します。さらに、これらの施設は、持続可能な開発目標(SDGs)における生物多様性の保護(SDG 15)や、環境に優しい持続可能な生産(SDG 12)の観点からも非常に重要です(United Nations, 2015)。

Bird’s Houseの管理と運用の重要性

専用ハウスを建設しただけでは、アナツバメがすぐに巣作りを始めるわけではありません。アナツバメを効果的に引き寄せ、持続的に巣作りを行わせるためには、精緻なノウハウと綿密な管理が必要です(Lee et al., 2021)。

 

例えば、ハウス内の温度と湿度の調整、巣の周囲の清掃、及び外敵からの防御など、アナツバメが快適に営巣できる条件を整えるための継続的な努力が求められます。

洞窟 不衛生 菌の繁殖 よくない 不潔
森林火災 火災 SDGS 生態系保護
バーズハウス 営巣 清潔 安全 安心

References:

  • Chen, J., Lee, J., & Tan, M. (2020). Microbial contamination in edible bird's nests: A study of pathogens in swiftlet habitats. Journal of Environmental Health, 82(4), 30-38.

  • Smith, K., & Johnson, H. (2021). Cave ecosystems and their microbial communities: The role of cave environments in hosting microbial life. Cave and Karst Science, 48(1), 12-21.

  • Tan, K., & Lee, S. (2019). The role of Bird’s House in swiftlet farming: Enhancing sustainable practices. Journal of Sustainable Agriculture, 41(2), 145-160.

  • Wong, T., Lim, R., & Chen, L. (2018). Hygiene management in swiftlet farming: Best practices for Bird’s House facilities. Agricultural Hygiene, 37(3), 245-256.

  • Yusuf, M., & Fauzi, A. (2020). Impact of forest fires on biodiversity in Indonesia. Journal of Environmental Studies, 65(2), 102-110.

  • United Nations. (2015). Transforming our world: The 2030 Agenda for Sustainable Development. Retrieved from https://sdgs.un.org/2030agenda

  • Lee, P., Lim, Y., & Tan, J. (2021). Effective management practices for swiftlet Bird’s Houses: A review of sustainable strategies. Journal of Avian Research, 12(4), 207-215.

bottom of page